趣味はものづくりです。小説を書いたり、動画を作ったり、手芸を嗜んでいます。
篠原 諒子
総務:社内サービス業務(何でも屋)
あすたむらんど徳島 総務グループ
平成30年4月1日
徳島大学
ネオビエントで働こうと決めた理由を教えて下さい。
ネオビエントで働こうと決めたのは、徳島の魅力を発信したいと思ったから・あすたむらんどが好きだったからです。
就職活動を始めた時は、大学の専攻だった制作のできる業種・東京圏の会社の説明会に行っていました。
そんな中、授業で徳島の現地調査をした際「徳島には何もない」と誰もが口を揃えて言っていました。大学4年間を徳島で過ごしていたので「何もない」わけがないと思っていました。徳島の人と話すうちに、県内にいると気づいていない徳島の魅力を県外から来た私が徳島の人に発信したいなと思うようになりました。
徳島の魅力を発信すべく、そういった企業を探す中であすたむらんどの施設管理をしているネオビエントと巡り会いました。展示物を思い出せる程あすたむらんどが好きだったこともあり、ネオビエントで働くイメージができたので入社することに決めました。
関わった仕事で一番印象的なことは何ですか?
私の所属している総務グループでは主に会計・事務・庶務をしています。
事務と聞くとデスクワークが多く、地味なイメージを持たれます。しかし実際は、他の部署がしていない仕事は全部する何でも屋です。
特に印象的だったのは総務の仕事にはサービス業があることです。サービスをする相手はお客様ではなく、社員です。
お客様相手だと、年齢や欲しいものを推測してサービスを行います。社員相手だと、よく使う言葉や個人が持っているアレルギーまで把握していることもあるので、わかりやすく書類の質問に答えたり、繁忙期に実施している職員への差入れの際は、喜びそうなメニューを考えたりできます。
その人がどうしたいのかという要望を聞くこともでき、どういうところが足りていなかったのか直接聞くことができるので、他のサービス業とは違う楽しさがあります。
会社の自慢や魅力は何だと思いますか?
ネオビエントでは所属している部署の仕事以外にも色んなことができます。
私は総務グループに所属していますが、総務の仕事だけではなく繁忙期の駐車場整理やイベント時のお客様への聞き取りアンケートなどもさせてもらいました。部署にかかわらずいろんなことに挑戦するため、他の施設に配属されている社員とも交流する機会があります。
また、私が制作をしたいと言っていた事もあり、社内で制作スタッフが必要な時に声をかけていただき、映像制作の仕事を経験することができました。
所属している部署の仕事だけではなく、いろんな仕事をさせてもらえ、機会があれば自分のやりたいことを挑戦させてもらえる会社です。
こんな方と働いてみたい!
今やっている行動が何につながるのかを考える人と一緒に働きたいです。
私も教えてもらったことですが、総務の仕事はお客様に喜んでもらえるイベントを考えたりするわけではないので、誰のために・何のためにする仕事なのか見えにくい部分があります。
また、今やっている仕事がどこにつながっているのかを考えることがモチベーションにもなります。お客様にお茶を出すときも利き手で持ちやすいようにスプーンを置くだけで、ストレスなく話をしてもらうことができます。
やっている行動は小さなことですが、次に関わる人にも影響がある大事なことなので自分の今やっている行動が何につながるのかを考える人と一緒働けることを楽しみにしています。
趣味
趣味はものづくりです。
小説を書いたり、動画を作ったり、手芸を嗜んでいます。